福岡・佐賀のペット葬儀・ペット火葬は福岡ペットセレモニー
ペット火葬・ペット葬儀
ペット火葬・ペット葬儀はじめてご利用の方
ペットの安置方法
訪問ペット火葬
ペット火葬料金
出張エリア
お別れの流れ
ご遺骨の散骨・埋葬
掲示板
メモリアルグッズ
お問い合せ
サイトマップ
会社概要

ペット火葬
ペット葬儀・ペット火葬
 
福岡ペットセレモニー
〒810-0044
福岡市中央区六本松
3−1−53-805
TEL:092-741-0730

株式会社
ジャパンペットセレモニー
FC加盟店
 
犬・大型犬・子型犬・猫 (ネコ・ねこ)子猫・フェレット・ハムスター・兎(うさぎ・ウサギ)鳥・小鳥・インコ・・リス・モルモット ・プレーリードッグ・爬虫類・カメ・イグアナ・カメレオン・蛇(ヘビ・へび)・魚・金魚・熱帯魚など

 
ペット葬儀・ペット火葬TOP > ペットの安置方法
ペット安置方法
 
 愛する存在の突然の不幸は、誰しも悲しみのあまり気が動転し、どうしても冷静な判断力が失われます。何から準備すればよいのか戸惑い、不安な気持ちになります。福岡ペットセレモニーでは、24時間無料電話相談を受け付けておりますので、困ったことや聞きたいことがあれば、いつでもご連絡ください。亡くなってしまってから、火葬までどのようにしたら良いかなどご相談に応じてアドバイスさせて頂きます。
大切な家族との想い出を胸にしまい、感謝の気持ちと共に天国で安らかに過ごすことを祈り、旅立ちを見送ることは、飼い主様が「最後にしてあげられること」です。 福岡ペットセレモニーはペット葬儀の専門店としてお客様の思いを受け止めて、大切なペットの最後の旅立ちを 心を込めてお手伝いします。「悲しみと焦り」を葬送への気持ちとつなげ、旅立ちを迎えた最愛の家族、パートナーのために落ち着いて準備を整えてください。火葬までの安置方法のご説明が、少しでも飼い主様のお力になれれば嬉しく思います。
安置する部屋を決める
ペットにとって一番安心できる場所はどこかを考えたとき、自分の匂いが残っている場所といえるのではないでしょうか。愛着のある部屋に愛用していたマット等を敷いて安置できれば理想的ですが、そのような部屋が無い場合や、場所によって生活に不都合が生じる場合等は、ペットが愛用していたゲージ等に安置しても良いでしょう。
ペットの立場になって考えることが大切です。
※使用するものは新品である必要はありません。清潔であれば、生前愛用していた物の方がペットにとっても安心できる筈です。ただ飼い主様にとっても「最後のお世話」ですから、ペットのことを考えた上で、飼い主様自身も悔いが残らないような「旅支度」を整えてあげてください。
ペットの体からおしっこやうんち、時には出血することもありますがこれは動物である以上自然な現象で、人でも同じ事が起こります。
個体差はありますが時間の経過と共に落ち着いてきますので、その都度きれいに拭いてあげてください。程度によってはその部位にティッシュや脱脂綿等をつめて必要に応じて交換してください。ペットが「生きていた証」を心を込めてお世話をしてあげてください。
 
ペット火葬
お供え物の準備(枕飾り)
  ペットが愛用していた器に、好物や主食(ペットフード等)お水を、ご遺体のすぐ脇にお供えしてあげて下さい。お写真やお花飾り、愛用のおもちゃがあれば一緒においていただいても結構です。
※人の場合に習って、枕飾りテーブルや、小さな題に白い布をかけて用意し、お供えする方もいらっしゃいますが、ペットにとって高いテーブルでの食事は不自然な状態となりますので、できれば生前食べていたとき同じような環境を作ってあげてください。「生前の姿で、自宅で過ごせる最後の時間」です。「より安心して過ごせる環境」を整えてあげてください。※宗派についてですが、ペットにとっては「人間社会の文化」は関係の無いことなので、人と同様の枕飾り(一般的な仏式の枕飾り)をする必要は無いと考えます。但し飼い主様が望む葬送の形態としてお考えになる場合は、ご自由に準備していただけます。仏式(宗派に応じて線香、香炉、菊等)、神式(榊さかき)、キリスト(カーネーション等の洋花)に準じて飾り付けをされる場合のご相談にもお答えいたします。ご不明な点はお問い合わせ下さい。
  線香、お焼香などを用意するのですか?と言う質問をお受けした場合があります。飼い主様が仏式の場合「お線香を焚くのは当然の事」と思われるかもしれませんが、ペットにとっては嫌な行為であるとも考えられます。
葬送の形態に決まりはありませんので、飼い主様の方でよくご検討いただき、ご準備下さい。
ご希望に応じて、各宗派のご住職に読経をお願いすることも可能です。
 
ペット火葬
火葬日時の決定
  ご遺体の安置と並行して、火葬を行う日時をご検討いたしましょう。 弊社では24時間、365日いつでもご火葬依頼を受け付けております。飼い主様をはじめ、ご家族皆様の都合を考慮して頂いた上で最適と思われる日時をお決め下さい。亡くなった翌日等に火葬を行う場合は、特別な保冷材等を用いた処置を施す必要はありませんが、火葬日時まで数日間の安置期間がある場合は、季節や条件によって、ご遺体の保冷を行う必要があります。
 
ペット火葬
火葬日を迎えるまで
  火葬の日を迎えるまで、ご飯とお水は毎朝換えてあげましょう。 ご遺体の保冷方法は。2〜3日程度であれば市販の保冷材で十分対応できますが、長期間の安置となるとドライアイス等の使用が必要となります。人の場合、一般的な葬儀社で扱うドライアイスには数種類ございます。高圧で固めるタイプの簡易型(8時間程度)超低温高密度タイプ(24時間程度)等ですがいずれも取り扱いには専門的な知識が必要となります。弊社ではドライアイスの販売も行っておりますので、ご使用をご検討される場合はお問い合わせ下さい。
  通常はドライアイスを使わない方法でご案内しておりますが、日程の都合でどうしても長期安置が必要な場合は、ドライアイスを使う方法がもっとも有効で一般的な手段です。ドライアイスを使用される場合は、素手で直接触らず適切な量を使用してください。また換気の必要性等に注意しながら直接ご遺体に当てるのではなく特殊保護シート(用意できない場合は乾いたタオル等で代用)等でドライアイスを包むなどの処理を行ってください。
 
ペット火葬
火葬を終えて、ご遺骨の安置について
  火葬を終えてご遺骨を安置する場所ですが、無宗教で行う場合は特に安置する場所の決まりはござません。
ご遺骨にお供えするお水、好物等をお供えします。基本的には毎日お供えする物ですが、特に決まりはございませんので3日程度は毎日お供えしても良いでしょう。弊社では年間2回合同供養大祭を行っております。手元に安置されているお骨をお持ちいただければ読経供養することも可能です。また当日納骨、埋葬なども承ります。 

はじめてご利用の方ペットの安置方法訪問ペット火葬ペット火葬料金出張ペット火葬エリア
お別れの流れご遺骨の埋葬・散骨メモリアルグッズ掲示板お問い合せ
サイトマップリンクについて特定商法取引法の表記プライバシー・ポリシー会社概要

Copyright(C)2008 JPC-FUKUOKA, All Rights Reserved.